原油価格がいずれは底を打つとみて、個人投資家がひそかに反転のタイミングを探っているのが原油のETF(上場投資信託)だ。手っ取り早く低コストで運用できるのがETFの特徴で、原油価格の変動を取り込みやすい。指数に連動する点ではインデックス投信と同じだが、上場しているので国内の株式市場で株と同様に取引ができる。投信と比べて手数料が安いのも魅力だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。