急激な原油安が世界を揺るがしている。しかし、その本質を理解している人はほとんどいないだろう。原油という商品があまりに特殊な存在だからだ。生活に必要不可欠なエネルギー源でありながら、投機の対象となって金融市場を翻弄することもあり、時に大国間の外交の材料にもなり得る。その値動き次第で、景気回復の救世主になったかと思えば、世界同時不況の犯人に化けることもある。摩訶不思議な原油の世界を、世界一分かりやすく解説していこう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。