ゼネコン業界の盟主である鹿島は社長就任10年目、大成建設、清水建設、大林組の3社は8年目。2013年に交代したばかりの竹中工務店を除くスーパーゼネコン各社は長期政権が続いてきた。各社の交代観測が飛び交う中、口火を切ったのは大成だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。