三菱リージョナルジェット(MRJ)の初飛行と、ホンダジェットの初納入がカウントダウンに入った。相次ぐ日本勢の参入に、国内航空機産業の復活を望む声は少なくない。果たして、日の丸航空機は強豪ひしめく“航空乱世”を生き抜くことができるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。