各社がシェアの奪い合いを演じる一方で、一致団結して取り組んでいるのが、ペットの長寿化と飼育率の向上だ。イヌ、ネコの場合、寿命が1歳延びれば200億円、ペット飼育率が1割上がるごとに110億円の市場拡大をもたらすからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。