医療費の患者負担は原則3割で残りは医療保険でカバーされるが、入院や手術などをすると3割でも負担は高額になる。このため、1カ月当たりの自己負担限度額を一定の範囲に抑える「高額療養費制度」が設けられている(ただし、差額ベッド代や食事代などは別途負担する必要がある)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。