社内外で「次の次の大本命」と見られていたが、まさかこのタイミングで32人抜き、10歳若返りのサプライズ人事になるとは、誰も予想していなかった。三井物産は、4月1日付の新社長を発表、新社長として白羽の矢が立ったのは、安永竜夫・執行役員機械・輸送システム本部長(54歳)で、飯島彰己社長より10歳年下である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。