石油に関しては、埋蔵量をどうやって推定するのか、価格はどう決定されるのかなど、謎が多い。それだから種々の陰謀論が幅を利かせることになる。石油開発のプロである岩瀬昇氏の『石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?』は、国際情勢における石油が果たしている役割を理解するための好著だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。