伊藤忠商事の岡藤正広社長は、1月22日香港に向かった。翌23日に、タイの華僑系財閥チャロン・ポカパン(CP)グループのタニン・チャラワノン(中国名:謝国民)会長兼CEO、そして中国最大の国有企業、中国中信集団(CITIC)の常振明董事長と、アジア各国を代表する大企業とのトップ会談に臨むためだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。