2014年7~9月期の国内総生産(GDP)の予測は、エコノミスト泣かせだった。なぜなら、全てのエコノミストがその予測を大きく外してしまったからだ。消費税率引き上げ前の駆け込み需要に対する反動減で、4~6月期の実質GDPは、前期比1.7%減と大幅に落ち込んだ。事前予測では、反動減の揺り戻しもあり、7~9月期はプラス成長に転じるとの見方が多数派だった。ところが11月17日に発表された1次速報の結果は前期比0.4%減だった。マイナスと予想したエコノミストもいたのだが、ここまでのマイナス幅を予想した者はいなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。