「佐賀の乱」の余波が収まらない。衆院選大勝からわずか1カ月。自民党のわが世の春も佐賀県知事選の思わぬ敗北であっという間に吹き飛んだ。 「国政選挙と地方選挙は全く別物だ。地元の気持ちを無視すると手痛いしっぺ返しを受ける」 長年選挙事務に関わってきたベテラン党職員は首相官邸と自民党選対(委員長・茂木敏充)の候補者選びに苦言を呈した。副総裁の高村正彦も「負けに不思議な負けなし」と元プロ野球監督、野村克也の格言を引いて注文を付けた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。