2014年11月末、欧州連合(EU)の政府機関に当たる欧州委員会は、フランス、イタリア、ベルギーの15年予算がEUの財政条約に違反する可能性があるとして財政健全化に向け是正措置を取るよう促した。14年の収支が出揃う15年3月の再審査で取り組みが不十分とされた場合、欧州債務危機後の新たな財政規律制度の下、初めて制裁措置が発動される可能性が出てきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。