「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」 採用試験の時に、ピーター・ティールは、必ずそう聞くのだそうだ。評者など、いまさら米国のシリコンバレーで働いてみる意欲も能力もないが、伝説のベンチャー投資家の目の前に立ってみたいという気持ちなら、少しだけある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。