私はトマ・ピケティの『21世紀の資本』を読んでいないし、特に読むつもりも予定もないので偉そうなことは言えないのですが、読んだ人の感想を聞く限りでは、貧しい人たちが「そうだ!」と言ってしまうような内容のようです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。