「日本政府は幾らお金を出すのですか」。2014年9月2日、ソフトバンクの孫正義社長は帝国ホテルである大物と向かい合っていた。インドのナレンドラ・モディ首相だ。日印首脳会談で来日していた5日間に予定をこじ開けてもらい、宿泊先まで押し掛け、ひそかに念願の対面を果たしたのだ。首脳会談後、日本からインドへ3.5兆円の投融資が発表されたが、孫社長は純投資分が1兆円規模と聞くと、勝負を懸けた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。