「自然エネルギーを増やそう!」。2011年の福島原発事故の直後、孫正義社長が熱弁する姿を覚えている人は多いだろう。当時、孫社長は「東日本太陽光ベルト」の構想を提唱し、私費10億円をつぎ込んだ財団や協議会を設置、首相とも関係を深めるなど、再生可能エネルギー推進運動を先導した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。