「歴史的な低金利でローンも社債も資金調達には絶好のタイミングだ」すでに10兆円もの借金を抱えているソフトバンク。しかし、その金庫番を務める財務部長の後藤芳光常務は、事業成長のためにさらなる資金調達をできるだけの財務余力があると考えている。企業にとって最大のリスクは倒産だ。そのため無借金経営を目指す企業もいる。しかし、ソフトバンクは正反対で、倒産しない予防線を幾つも張りながら適正値を見極めて目いっぱいの借金を抱える。自己資本でできる何倍もの規模のビジネスができるからで、成長スピードを買うために借金でレバレッジ(てこ)をかけているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。