2015年、スプリントの経営はどうなるのだろうか。米通信業界では「ソフトバンクがスプリントを手放すのは時間の問題」との噂が出始めている。円安や無線免許の高騰など、売却に適した条件が揃っているからだ。ソフトバンクは円ドルレート80円台でスプリントを買収した。現在は1ドル120円前後で推移しており約40円もドルが強くなっている。ドル資産のスプリントを売却すれば、為替差益でスプリントの投資減損を帳消しにはできないが、圧縮することはできる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。