新年早々、楽屋ネタで恐縮ですが、年末の企画会議では、いつも“神経戦”が繰り広げられます。テーマは、誰が年明け第1号の特集を担当するか。正月明けすぐの締め切りになるため、休みが吹っ飛ぶ可能性が大。そのため、会議では「私は去年担当した」「俺は○年連続でやったぞ」などというアピール合戦が繰り広げられるのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。