摂食障害は、若い女性に多い病気。ダイエットなどを引き金に、極端に食べない行動を続けた結果、食べることができなくなって痩せてしまう拒食症と、異常な量の食べ物を食べては、その罪悪感から大量の下剤を飲んだり、口の中に指を入れて吐いたりする過食症の二つがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。