生保のガリバーである日本生命保険と、損保の雄、東京海上日動火災保険。長らく業界に君臨してきた2社が今、相次いで首位から陥落した。保険販売の最前線の一端を担う代理店には、金融庁が一斉に直接検査に乗り出す上、大型再編劇が勃発。保険商品も、売れ筋の第三分野を中心に激しいつばぜり合いが続く。今、保険業界にはかつてない地殻変動が起こっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。