「双11(11が二つ並ぶの意)」と呼ばれるネット販売の大セールが行われた11月11日。アリババが運営するショッピングモールサイトのTモールだけで571億元(約1兆円)を売り上げたのは2014年12月6日号で触れた通りだ。この売上金額だけでも驚きだが、その裏側でもう一つ衝撃の事実がある。異常なまでに高い返品率だ。しかも、14年の返品率は13年までと比べても高くなっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。