厚生労働省の調査によると、2013年度、全国で働く障害者は推計で63万1000人と過去最多となり、5年前に行われた前回調査より18万3000人増加した。内訳は、身体障害者が前回と比べて8万7000人増の43万3000人、知的障害者が7万7000人増の15万人、精神障害者が1万9000人増の4万8000人だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。