業界のトレンドを変えたいと思い、新しいがん保険を作りました。がんの治療は医療技術の発達によって、入院から通院による治療へと変わり、抗がん剤や放射線治療といった治療方法が主流になっています。ところが、20年前や10年前に発売された古いがん保険は、診断給付金と手術、入院にしか保障が付いていないことが少なくありません。これでは、現在のがん治療に合いません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。