以前から、日本で出版されている中国に関する本は、議論が少し偏っているものが多いと感じていました。また、仕事で政治家や官僚、企業の方々に講演をすることも多いのですが、意外と中国に関する基本的なことが知られていないということも感じていました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。