「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といわれた日本企業の競争優位は、海外において必ずしも高い評価を得たばかりではなかった。各国の市場で日本製品のシェアが高まるにつれて、日本の貿易収支の黒字幅は拡大し、特に欧米諸国との間で貿易摩擦が顕在化するようになった。貿易摩擦の拡大は、1981年に始まった自動車の対米輸出自主規制のような政治の介入をしばしばもたらし、一部には「ジャパンバッシング」(日本たたき)と呼ばれる事態さえ生じた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。