凋落した王者を立て直せるか──。飲料大手のキリンホールディングス(HD)の社長が3月末に交代する。ビールのシェアでアサヒビールに抜かれ、売上高でサントリーHDに肉迫されるなど、独り負けのキリンの再生を一身に背負うことになるのが、中間持ち株会社であるキリン(KC)の磯崎功典社長(61歳。写真)である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。