エリック・キャロス。『スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?』で彼に関する記述に出会い、私は思わず仕事場の本棚に飾ってある彼のサインボールを手にした。1992年、キャロスは、メジャーリーグ、ロサンゼルス・ドジャースで新人王に輝いている。ちなみに野茂英雄投手とバッテリーを組んで日本でも有名だったマイク・ピアッツァ(93年新人王)も登場する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。