格差問題に、あらためて関心が高まっています。一種、熱狂的に読まれているトマ・ピケティの『21世紀の資本』が、ビッグデータを駆使した統計学的な視点から書かれているのに対し、『ロバート・ライシュ 格差と民主主義』は、政治学的な立場で格差問題に斬り込みます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。