著者は、村上春樹ファンの間では“知る人ぞ知る人物”である。村上の米国滞在中の紀行『やがて哀しき外国語』(講談社)に登場するからだ。村上曰く「プリンストンでご近所だった経済学者カンドリ君の話によると、このようにアメリカの床屋では最初に交わされた話題が恒久的に定着してしまう傾向がある」。著者(神取道宏氏)はテキーラの話を最初にしたために、延々とテキーラの話をさせられるユーモラスな存在として描かれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。