プログラムのバグの発見者には、現金で謝礼を支払います──。ソフト開発会社のサイボウズは2014年6月から「脆弱性報奨金制度」を開始している。自社のクラウドサービスやソフトウエア製品のセキュリティ脆弱性を見つけてもらったら、その重要度に応じて規定の金額を謝礼として支払っているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。