オフの風物詩といえる契約更改がほぼ出そろった。プロ野球選手にとっては、来年度の給料が決まる大切な交渉の場。今回、注目を集めたのは、中日の大島洋平外野手だった。落合博満ゼネラルマネジャー(GM)との最初の交渉では、1775万円増の年俸7400万円を提示されて保留した。落合GMが就任して以来、初めての保留選手だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。