マンション建設大手の長谷工コーポレーションは2013年3月期~16年3月期の中期経営計画を公表した。大栗育夫社長は今後4年間について、「震災の影響は薄れた。マンション新築需要は底堅い」と楽観視する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。