円ドルレートは、2013年5月に1ドル=100円になってから1年半程度の期間、ほぼ99円から104円程度の範囲で安定的だった。ところが14年の9月以降、円安が進行した。そして、日本銀行が追加緩和措置を発表した10月末以降、特に顕著な円安が進行した。変化は、12年秋から13年春にかけての円安より急速なピッチだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。