液晶テレビの不振にあえいでいたシャープが、ついに台湾資本の受け入れを決断した。 「グローバル市場の戦いにおいて、単独での垂直統合には限界がございました」 3月27日夕方、都内ホテルで開かれた緊急会見。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。