日本銀行は10月31日、物価目標値2%の実現が2015年度から後ずれするリスクに対して追加緩和を行ったが、その背景には原油価格の急落があった。11月の対前年同月比下落率は10月の18.5%を大幅に超え27.5%であった。12月に入っても下落は続いている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。