国が抱える国債、政府短期証券や借入金の残高(以下、政府債務残高)は2014年9月末時点で1039兆円、15年3月末にはこれが1144兆円へと膨らむと予想されている。15年の日本の財政をどう展望するか。危機的な状況が続く財政運営において、今後は望ましいはずの景気回復がリスクとなり得る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。