ユーロ圏経済は1%程度の緩慢な成長が続くと予想する。2014年はけん引役ドイツの設備投資が減速したのを受けて、年後半にスローダウンした。ロシア情勢を含む新興国全体の地政学リスクの高まりが企業の投資行動を慎重化させたためと考えられる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。