2013年2月に韓国初の女性大統領として華々しくスタートした朴槿恵(パク・クネ)政権だが、これまでの実績は、国民の期待に十分に応えたものとは言い難い。特にフェリー沈没事故の対応や経済活性化、福祉政策など内政面で多くの課題を残している。3年目に当たる15年は政権の真価が問われる年になる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。