原油価格は2015年6月末ごろまでは現在のような低い水準で推移し、その後年末にかけて騰勢を強める展開を予想する。14年後半の原油市場は欧州景気の悪化、中国の景気拡大ペース鈍化で需要が予想を下回る一方、ウクライナ問題やイスラム国の進撃などの影響で原油価格が高止まりし、OPEC(石油輸出国機構)・非OPECとも増産バイアスがかかっていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。