介護保険制度が2000年度に創設されて以来、初めてとなる大改革が15年に実施される。背景にあるのは、介護保険制度の維持が困難になってきていることだ。介護給付の総費用は、スタート当初こそ3.6兆円だったものの、右肩上がりで増え続け14年度にはついに10兆円を突破。団塊世代が75歳以上になる25年度には、なんと21兆円に上る見込みだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。