明治時代(1896年)に制定されて以降、約120年にわたって条文が大きく変わらず、判例の積み上げによって場当たり的な解釈をしてきた民法が、とうとう抜本改正される。多くの判例によって明確化されたルールを条文化し、分かりやすくかつ現在の国民生活や経済実態に即した法律にしよう、というのが改正の出発点だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。