いよいよ、相続の「大増税」時代が到来する。税制改正によって2015年1月1日から、相続税の非課税枠(基礎控除)は、従来比で4割も圧縮される(3000万円+600万円×相続人の数)ことになり、これまで一部の富裕層などにだけかかっていた課税の網が、一般家庭にまで広がってくる。東京都千代田区や中央区など都心部では、課税される人の割合が10%を超えるという民間の試算もあり、影響は甚大だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。