政府は法人税の減税を成長戦略に位置付け、2015年度から数年で、税率を20%台に引き下げる方針だ。法人税減税が企業の競争力を向上させるという考えは、法人税が企業活動のコストだという誤解に基づいている。法人税は利益にかかる税なので、コストにはならない。従って、税率を変更しても、企業活動には影響しない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。