俳優の菅原文太さんが11月28日亡くなった。沖縄の米軍普天間飛行場の移設が計画される名護市辺野古を2012年に訪れ、反対する市民らを激励。「政府はむちゃくちゃやっている」。青い海面に、そうつぶやく姿は映画のワンシーンを見ているようだった。菅原さんは亡くなる4週間前、沖縄を訪れた。県知事選で辺野古移設に反対する翁長雄志氏の総決起大会に参加、「政治の役割は戦争をしないこと」と声を振り絞った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。