「日本再興戦略」の改訂版で、「外国人材の活用」がうたわれ、「高度外国人材の受け入れ要件の緩和」や「建設および造船分野における外国人材の活用」などがその柱として挙げられた。しかし、政府は今でも「日本は移民政策を取らない」という建前を崩していない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。