米スタンフォード大学で教鞭を執るITの鬼才が2014年5月、“中国のグーグル”に就任したことが大きな話題を呼んだ。中国検索最大手の百度(バイドゥ)は、カリフォルニア州サニベール市にシリコンバレーにおける研究所を開設。今後5年間で300億円を投資し、約200人の研究者を率いるポジションに吴恩达(アンドリュー・エン)氏を迎えたのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。