突然、噴き上がった白い煙。視界は噴煙に包まれ、やがて空から巨大な岩石が降ってきた──。9月27日発生した、長野・岐阜県境の御嶽山の噴火。登山客ら57人が死亡、6人が今も行方不明のままだ。11月25日には熊本・阿蘇山も噴火。活発な噴火活動が続いているが、それでも、100年以上前に日本人が経験した火山の爆発と比べると、規模は小さい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。