2012年は国内に約6万人いるMR(医薬情報担当者)の流動化が加速するだろう。要因は二つある。一つは製薬業界が医師への接待について自主規制を2012年4月から導入し、実質的に「接待禁止」の時代が始まること。もう一つは同じく4月、特許が切れた医療用医薬品の価格が追加的に引き下げられようとしていることだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。