7年ぶりにキリンビバレッジに戻ってきて、かなり戸惑いましたよ。もはや、「ファイア」や「生茶」を出した当時の勢いはなく、飲料業界での存在感が薄れていたからです。すぐにブランドの総点検を行いました。立て直さないといけないと思ったのが「コーヒー」「お茶」ブランドです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。